AI-OCR コラム

Column

複雑な読取り箇所の設定にはサヨウナラ!-AIスキャンロボの簡単テンプレート設定の紹介

2020.02.14AI-OCR

こんにちは。ネットスマイルと申します。

実はここ最近、「AI-OCR、他を導入したけど...」と言って、

他社製品から当社に乗り換えられてこられるお客様がちらほらいらっしゃるようになりました。

理由はそれぞれ異なりますが、共通しているのが、「読取り箇所の設定が大変だった...」というご感想。

中には、「毎回設定を委託していたので、費用がかさんで...」というお客様も。

AIスキャンロボ導入後に、「こんなに簡単なんだ!」「これなら現場部門で作ってもらえそう!」等、

設定のしやすさに好評いただいております。

設定の仕方は、読みたい箇所に、ポンポン枠を描いていき、その枠毎に設定内容を入れるだけ。

設定内容も通常3~4つ程度。そのため、簡単な帳票なら、1枚3分~5分程度で設定することが可能です。

どうしてそんなことが可能か。理由は大きく2つあります。

1つは、「オートセグメンテーション機能」という、設定枠から文字がはみ出ていても、

読み取ってくる機能が搭載されていること。

これにより、画面を凝視しながら神経を擦り減らしミリ単位の設定をする必要がなくなり、

半分程度文字がかぶって入れば問題なく読み取ります。


2.jpg


2つめは、使いやすいユーザーインターフェースとなっていること。

マニュアルを見なくても、直観的に操作ができてしまうため、

ITスキルや知識がない方でも、簡単に設定できます。

また「明細行を1枠ずつ設定する必要ない」設計や、

CSVファイルを整えた形で出力できる「後処理ルール」なども、

「痒い所に手が届く」と好評いただいております。

------------------------------------------------------------

実際の設定の様子は下記の動画にてご確認ください。

https://youtu.be/HdLPUOSboVY

------------------------------------------------------------

具体的に読みたい帳票がある、もしくは詳しく話を聞きたいという場合は、

下記よりお申込みください。

https://netsmile.jp/lp/#form